写真の70年、マグナム・フォトの70年

1947年にニューヨークの近代美術館で旗揚げされた、マグナム・フォト。ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアが創設メンバーに名をつらね、会員が共同運営する写真家の集団として活動を続けてきました。

2017年に、創設70周年を迎えるマグナム・フォト。多種多様なバックグラウンドを持つ写真家集団の歴史とこれからの展望について、マグナム・フォト東京支社の小川潤子さんに聞きました。
※トップ画像/スペースシップ・ジャンクヤード、ロシア、2000年

ノルマンディー上陸作戦、1944年
ノルマンディー上陸作戦、1944年

マグナム・フォトができた経緯について教えてください。

第二次世界大戦が終わったのが1945年。創設メンバーは皆、戦時中に報道写真家として取材をしていて、そこで撮った写真を『LIFE』のようなグラフ誌に載せていました。当時はテレビもなく、人々が世の中で起こっていることを知る手段において、グラフ誌が占める割合は大きかったのではないでしょうか。その頃は、写真家が撮ったものはフィルムごと出版社に送ってしまって写真家の手から離れてしまうので、勝手にトリミングされたりキャプションを付けられたり、いわゆる好き勝手をされていたのです。なおかつ、撮った写真の著作権はすべて出版社に帰属していて自分のものではなくなっていました。だから、撮った写真の権利を守るために、また権利を主張していこう、と発足したのがマグナムでした。最初はニューヨークとパリに、その後にロンドンと東京に支社ができて、今の拠点は4つあります。

東京に支社ができたのは、1989年11月。マグナムとしてはもっとグローバルに展開したいという目的があり、またアジアの写真家をもう少し仲間に入れたいということもあり、アジアに拠点を置くことにしました。80年代後半のアジアの中心といえば、経済的な意味では日本でしたし、ストック写真のマーケットが充実していたのも日本。それに、カメラの多くは日本製。そこで東京に支社ができました。

これまでに100名近くの写真家が参画し、現在の正会員数は49名。日本人に久保田博二がいます。

2016年マグナム・フォト年次総会
2016年マグナム・フォト年次総会

なぜ、マグナムは70年も続いてきたと思いますか。

まずは、時代に合わせていろいろな形に変わりながら進んできたことが一つあると思います。元々は写真家の権利を守るために発足しましたが、ビジネスとしてはBtoBの組織です。ですが今は、BtoCの時代。一般の人向けに特別なサイトを立ち上げ(英文のみ)、撮影秘話や裏話といったいろいろな企画を、読み物のように興味深く読んでいただける構成になっています。

また、エデュケーション(教育)と我々が呼んでいるワークショップをハイエンドアマチュアの写真家向けに行ったり、一般の人が買いやすいようにオリジナルプリントの廉価版を作ったり。次世代のフォトグラファーを育てるべく、コンテストなども企画しています。

もう一つ、一番の原動力は写真家の思いの強さ、ではないでしょうか。マグナムがなければ、キャパやカルティエ=ブレッソンの作品が今の時代にまで残ってはいなかった可能性があります。写真家は孤独な職業ですが、グループになれば権利の主張もできるし大きい企画もできる。歴史的瞬間を切り取った写真をアーカイヴしてきちんと管理し、発信し続けていくことができるのは、やはりマグナムという集団の力ですし、それを写真家達が自分達も同じことをしたいという思いの元に集まってきているから、メンバーが変わっても思いは変わらないし、写真を後世に残そうとしています。そういう写真家の思いが、70年続いてきた原動力なのではないでしょうか。

ニューヨーク、2001年9月11日
ニューヨーク、2001年9月11日

報道写真を取り巻く時代性や、人々の意識の変化を感じていますか?

見る人や撮る人の意識の変化というよりは、発表の場の変化を強く感じています。発足当初はテレビがまだなく、伝えるメディアとしては写真しかありませんでした。ですからその時代の証言として写真を撮っていたのですが、そのうちテレビが普及して今はインターネット。写真家が写真を見せられる場は、インターネット上か写真集か写真展のどれかになりました。

ただマグナムで大切にしているのは、誰かが写真家に命じて撮影をさせることではなく、写真家が自分でテーマを見つけてそれを掘り下げて撮るというスタイル。そのため、インターネットは親和性が高く、発表しやすくなったという一面もあります。

報道写真は、時代と共に扱われ方が変わってきています。紛争地域で自分の撮った写真が額装されて美術館の壁に飾られるなんて、たとえキャパでも夢にも思わなかったのではないでしょうか。でもその美術館の壁に飾っても残ることができる写真を撮ることができるのがマグナムの写真家であって、その点については変わらないのではないかと思いますね。発表する場は変わってきましたが、根底にあるものは変わらないのです。

リビア、2011年
リビア、2011年

これからの70年について、どのようにお考えでしょうか。

よりビジネスライクになっていくと思います。今まではファミリーというか仲間のような人達が集まっていたという印象ですが、5年前からビジネスサイドを強化すべくポジションを新設して、ビジネス関連はそちらに集中させ、写真家は写真を撮ることに専念するという分業化を推し進めていくのが次のステップだと考えています。

70周年の記念イベントについては各拠点でいろいろな企画があって、一番の目玉は「マグナム マニュフェスト」という写真集の出版と写真展。70年の歴史を振り返る写真展は、ニューヨークのICP(国際写真センター)で開催されます。日本では、7月1日(土)〜9月18日(月)まで京都文化博物館で「パリ・マグナム写真展」が、10月6日(金)〜25日(水)まで東京ミッドタウン・FUJI FILM SQUAREで「マグナム・フォト展」が開催されます。

過去の写真には有名な作品も多いですが、そのせいか日本ではマグナムのイメージが「まだあったんだ」と過去のものとしての扱いなことも。そうではなくて、新しい活動もたくさん行っているのだということをお伝えしていきたいです。マグナムの歴史は写真の歴史でもあると感じますが、過去にこだわりすぎる70周年にはしないようにしていきたいですね。

ロバート・F・ケネディの葬儀列車、1968年
ロバート・F・ケネディの葬儀列車、1968年

小川潤子(おがわ・じゅんこ)
profile
1989年、マグナム・フォト東京支社の創設に参画。2003年よりディレクターに。


多岐にわたる素材と、その魅力を存分に生かすノウハウ

写真やイラストレーションに加え、動画、音など、2500万点以上に及ぶ、さまざまな素材を扱っているアマナイメージズ。ストック素材の内部制作や、新しい分野の素材の開拓など、さらにその領域を広げています。

母体であるアマナのストック事業から2007年に分社化して、10年になろうとするアマナイメージズ。同社が持つ強みと今後の展開について、アマナイメージズの松野正也さん(取締役/クリエイティブディレクター)にお話を伺いましたamanaimages 松野正也

アマナイメージズが扱っているストック素材には、どのようなものがありますか。

まずは、人物のライフスタイル表現のイメージ写真や、国内外を広く網羅する風景写真、専門性の高い自然科学、ファインアート。他にも海外セレブや報道写真など、広告や新聞・雑誌など、さまざまな場面で使われる静止画素材を主力商品として取り扱っています。

弊社は、母体であるアマナが広告制作・ビジュアルコンテンツ制作を行っている会社であり、クリエイティブ系のイメージ写真の品質には強いこだわりを持っているというのが特徴でもあります。たとえば、1枚でそのままキービジュアルになれるインパクトのある写真。利用者のメッセージやコンセプトを代弁できる表現がなされている写真。そういった表現力や高い品質であり続けられていることが、弊社の特徴の1つかなと思います。

他に今、力を入れているのが、サイネージやWeb広告に使われる動画素材。デバイスやインフラ環境が整ってきたおかげで、そういった需要が順調に増えてきています。以前から動画素材は扱っていますが、最近では4Kはもちろん、8K、16Kといった超高解像度動画の問い合わせにも対応するようになりました。

さらに、それらの動画編集には欠かせない楽曲や効果音の素材、ソーシャルゲーム向けキャラクター素材や、建築やエンタメ媒体向けの3Dモデリング素材、デザイナー必須のフォントやベクター素材まで、あらゆるクリエイティブの現場で活用していただける素材を幅広く取りそろえています。特に最近は無料でダウンロードできるベクター素材も多いですが、トンマナがそろわなかったり、実際にデザインのバッティングも多くなりがちかと思います。アマナイメージズでは日本のマーケットでよく使用されるテーマに向けた、オリジナリティの高いベクター素材を多く用意しています。

写真に限らず、日本のマーケットにフィットする弊社ならではの素材を、時代に合わせて常に用意していくことを怠らないようにしています。GOKU/a.collectionRF /amanaimages

もう1つの強みとして、日本人素材が豊富だと聞きました。また、内部制作もされているとか?

いちばん大切なのは、まずは日本の市場に受け入れられるものであること。主に国内の消費者が広告やメディアの受け手となるので、そこに響かないとダメだと思います。ですから、ターゲットとなる日本人に共感し、伝わるクオリティの写真を提供できるかにこだわっています。

「アマナイメージズといえば日本人素材に強い」という印象を保つには、良質な素材を提供し続けなければいけません。取り扱う写真作品全体のクオリティアップを目的に、内部制作も行っています。

撮影は丸一日かけて、5〜6シーンを一気に撮影します。制作スタッフは広告業界全般の分析を行い、その時期にどんな写真の需要があるかを鑑みて、半歩先を行くクリエイティブを行うようにしています。また今までのストックにはない撮り方にも挑戦することで、時代の潮流も表現。そうやって撮影されるものは、ストックフォト慣れしていない、若手の外部契約作家さんのクオリティのベンチマークにもなるわけです。

一日で静止画と動画を一度に撮影することもありますが、今後は動画の内部制作の割合ももっと増やしていきたいですね。apjt /amanaimages

一般ユーザーをターゲットにした施策などはあるのでしょうか。

弊社は、これまで広告表現に特化したプロのフォトグラファーによるプロ向けの写真を多く取り扱ってまいりました。それに加え、2016年には、セミプロからデザイナー、インスタグラマーをはじめとするさまざまなクリエイターの方々が作品を登録する「ForYourImages」というサイトも始めました。このサイトではブログ、企画書や年賀状、個人事業の告知など、あらゆる用途に気軽に利用でき、個人ユースの需要に十分対応できるラインナップとなっています。今後もいろいろなジャンルで活躍するクリエイターが登録して、商品の幅もさらに広がってくると思います。

そういった個人のユーザーに向けては、「写真を探すコツ」をきちんと伝えていくのが今後の課題ですね。サイトを開いて、トップに出てくる検索窓にまずキーワードを入れて探す方が多いと思いますが、それでヒットしないと「このサイトに自分のほしい写真はない」と判断されてしまいます。

写真を探すコツとしては、まず何をビジュアルで表現したいかを具体的に頭の中で絵を描き、その浮かんだ絵を構成するパーツをキーワードに置き換えて検索してみることがおすすめです。たとえば企画書や報告書などに使う、企業の「成長」を表す写真を探しているときには、「成長」だけでなく「積む」「上がる」といった「成長」から連想される言葉や類語も検索してみてください。グラフ上に矢印が上向いたグラフィックが出てくることもあれば、カラフルな本が積み重なっている写真が出てくることもある。どちらも「成長」を表していますが、矢印は勢いのある上向きさが感じられるし、本の重なりはその企業の歴史や歩みなどまで感じさせられる。こうしていろいろな表現の画像を探し出せるようになると、ストックフォトの使い道の広がりやおもしろさも出てくると思います。

最近では、お子さんがいる家庭でフォトブックを作ることが多いですが、その際に手持ちの写真とストックフォトを組み合わせる、というのもおすすめです。フォトブックの表紙や扉に花、風景などの季節や行事のイメージ写真を差し込むだけで、まるで本屋さんに並ぶ写真集のようにグレードアップできます。自分と家族のストーリーにタイトルを付けるように写真を選ぶ。ちょっとしたひと手間を加えることで、親戚や友人に見せたときの伝わり方が変わってきます。写真に触れる楽しさを知っていただけたらうれしいです。

© Sue Hsu/500px/amanaimages
たとえば、期の移り変わりをドラマティックに。なかなか自分では撮影できない表現をストックフォトで演出してみるのも。

アマナイメージズの最大の強みを教えてください。

単に一つの素材を売るだけでなく、その素材を使ってクリエイティブ全体を制作する中でのサポートが手厚くできるところだと思います。ライツクリアランスや、被写体の権利者からのクレームや損害賠償請求などのトラブルを解決する無料免責サービスも用意しています。

アマナグループのネットワークを活用すれば、撮り下ろしもできますし、企画から、デザイン、編集、運用、管理まですべて網羅できます。幅広いお客様のニーズをワンストップで解決、高品質で提供できる。それはやはり、広告業界で長く仕事をしてきたアマナとしてのバックグラウンドがあるからということに他なりません。扱う素材も多岐に渡り、アマナイメージズはストックフォトエージェンシーから今や総合ストック素材エージェンシーとなりました。複合的なサービスを含めて、いろいろなプラットフォームと連携したビジネスへの展開を、今後も積極的に行っていきたいですね。


松野正也(まつのまさや)

amanaimages 松野正也

profile
株式会社アマナイメージズ取締役。2007年グラフィックデザイナーとして株式会社アマナに入社、CI/VI開発・制作に携わる。2009年からamanaimages.comのWebデザイン・サイト運営を担当。現在は、主に広告制作マーケットに向けたストック商材のクリエイティブディレクションを担当している。
http://amanaimages.com/